7つのモジュール

HOME > カルチェハウスとは > 7つのモジュール
次のページへ→
ダブル吹き抜けのある家

建物個別コンセプト

カルチェハウスの内装は、ご家族それぞれのライフスタイルに合わせてオリジナルでデザインすることができます。どういった内装がよいか悩む前に、当社から夢広がる豊かな暮らしが想像できる個性的な内装デザインをご提案いたします。この一覧では過去にご提案した7つのモジュールをご紹介しています。
  • Module 1
    エディブルガーデンのある家


    『医食同源』家族の健康を一番に考える奥様に、キッチンと繋がる家庭菜園を提案するモジュールです。東南採光を取り入れた明るく暖かい3.5帖の吹抜けと、南面3方向に広がりをもたせたコートヤードが魅力のモジュールです。
    Coming Soon
  • Module 2
    空中バスルームの家


    現代社会のストレス軽減の為、リラックススペースの拡充は必須であるというコンセプトを形にしたモジュールです。3帖の吹抜け空間から見越せる空中浮遊バスを提案いたします。またストレスレスをテーマに『開放感』を演出する南面・東面、そして北面にもバルコニーも提案する、正に通風換気のリラックスエリアの提案です。
    Coming Soon
  • Module 3
    ダブルリビング+コートヤードの家


    全7区画の中で最も土地の資産価値の高い区割りを付し、その区割りを最大限に活かしたモジュールです。壁面後退を利用した2台分のガレージを、車をこよなく愛する方にとって必須アイテムとして推薦いたします。畳3枚を超える吹抜けスペースが3階天井まで拡がり、らせん階段を配し、上下間移動にも開放感と明るさを提案いたしました。
    Coming Soon
  • Module 4
    ダブル吹抜けのある家


    全7モジュール中唯一の、ダブル吹抜けのある家です。
    吹抜けを通じた上下階の緩やかなつながりと、吹抜けに面した大開口による光と緑の自然環境へのつながりを感じ取れる邸宅となっています。カルチェハウス浜田山プロジェクトのキャッチフレーズ『リビングルームを中庭へ連れ出しました』の特徴を最高に表現できた代表的モジュールです。 
  • Module 5
    『和』情緒あふれる家

    日本人として“Japanese Identity”を主張する、正に『和』への回帰を創造したモジュールです。外国のお客様をもてなす、または自らのエゴイスト的な主張を、自宅というステージで対外的に表すためのモジュールです。Module 4との併用で、二世帯プランにも最適なテイストです。
    Coming Soon
  • Module 6
    『がらんどう空間』のある家


    愛車から降り、ゲートを開けるとコリドー越しに見上げる外観のフォルムに、大開口の吹抜け空間とその先に広がる『がらんどう』を予見できます。このモジュールでは『住まう人の心の充足』をテーマに、家族で工夫しながら一体空間を住みこなしてゆくことによる『自己表現やアイデンティティの醸成、創造性の発展への欲求』を満足いただく為の居住空間の創造を提案します。
    Coming Soon
  • Module 7
    『キッチンに住まう』という発想の家


    可動式のアイランド型キッチンを採用することで、その日、その時々を快適に過ごせるよう、3種類のゾーン面積(キッチン・ダイニング・リビングのゾーン)を簡易に変更できる設計となっています。家族のライフステージ、利用シーンに合わせた自らのプランで、その満足感を醸成してください。

 

 

PAGE TOP