Module 7 キッチンに住まうという発想の家

HOME > カルチェハウスとは > キッチンに住まうという発想の家
次のページへ→
コミュニティ形成・イベント

可動式のアイランド型キッチンを採用することで、その時・その時々を快適に過ごせるよう、3種類のゾーン面積(キッチン・ダイニング・リビングのゾーン)を簡易に変更できる設計となっています。家族のライフステージ、利用シーンに合わせた自らのプランで、その満足感を醸成してください。

  • 可動式アイランド型キッチン
  • 動くアイランドキッチン
可動式キッチンのため、ダイニングスペースとリビングスペースの位置を明確に決めておらず、まさしくキッチンを中心にした、キッチンに住まうという発想の家となっています。 このキッチンは優れもので、晴れて気持ちのいい日には、コートヤードにまでキャスターレールで移動可能。IHクッキングヒーターがビルトインされたダイニングテーブルですので、屋外パーティーなどに大活躍することでしょう。
開口部の大きい明るい家

北側と南側に庭を持ち、両面に開口部を大きく取ったプランとなっております。通風・採光は抜群です。

SE構法のメリットを最大限に活かした吹抜けは天井高約6.5mにもおよび、南側と北側の大開口とあわさって、開放感は絶大です。
家族構成の変化で吹抜けの部分に床を張り付け、もう一部屋増やすことが可能です。

1LLDK+2LOFT+RB+CYD

  • 1階プラン
  • 2階プラン
  • ロフト
  • 立面図
  • 立面図

PAGE TOP